失敗しない塾選び!受験うつからの脱出!ストレス克服・解消法

失敗しない塾選び!子供はパニック障害、受験うつ、自律神経失調症を発症の中、立教大学に合格。ストレス解消・克服法

健康メモ

コレステロールも内臓脂肪も血糖値も下げる!寒天の効果とレシピ

美容と食事 血流改善

毎日の食生活の習慣が5年後、10年後の自分を変えます
以前、月~金曜日まで毎日のお昼の情報番組司会者が、
「朝から多忙なスケジュールをもう何年もこなされている、その秘訣は?」との質問に
こう答えていました。

「毎日毎日、体にいいものを紹介して、少しづつ番組の中で味見している。
たとえその時だけだとしても、毎日のその積み重ねが、丈夫な体を作っているようだ。
積み重ねが、こんなにも大きいのだということに最近つくづく感じます」

きっとそうなのでしょうね。積み重ねって本当に大事です。

毎日食事に手を抜いていると、確実に体内年齢は衰えていきます。
美容のためにも、健康のためにも、正しい食生活をしたいものですね。



体に良い食事 寒天

寒天の効能には下記のようなものがあります。

1.便秘解消・ダイエット
2・コレステロール・血糖値を下げる
3・内臓脂肪を減らす

古くからある寒天ですが、その健康効果が見直されています。
料理のレシピも、あまり浮かばず、味も単調な「寒天」
でも、美容・健康のためには、ぜひとも摂取したいものです。
ただ、取りすぎには注意。
下記事項をお読みくださいね。

**注意事項**

◎粉のままお茶などに入れて飲むと、便秘や胃腸障害を起こす。
(1~2gなら大丈夫ですが、4~5g取ると多すぎ)

◎寒天ばかり食べていると栄養が偏る。

「寒天を使ったお料理レシピ」

寒天ジュレ

めんつゆ 120cc(2倍に薄めるタイプのもの)
水280cc
粉寒天 2g

1.水と寒天を沸騰させて2分。寒天を溶かす。
2.めんつゆを加える
3.30分以上冷やす。

これを豚しゃぶや、温泉卵などにかける。

暑く食欲の無い夏にぴったり。そして何より簡単なレシピ♪

牛乳かん

粉寒天 4グラム
水 200cc
牛乳 400cc
佐藤 60~100グラム

1.水に粉寒天を振り入れ、良く溶く。
2.1を火にかけかき混ぜる。沸騰したらさらに2分かき混ぜる
3.2に砂糖を加えて煮溶かし、火からおろす。
4.3に火と肌に温めた牛乳を混ぜ合わせる
5.型に入れて固める。

注意:4で冷たい牛乳を入れてしまうと、固まりにくくなります。
必ず人肌に温めてから加えましょう。

[amazonjs asin="B001CZEO0O" locale="JP" title="18-8ステンレス デザート寒天流し(12ヶ取・ヘラ付) C-002"]

体に良い食事 ひじき

日本食に、最近忘れられて来ている食材に「ひじき」もあります。
この「ひじき」も何といっても栄養分がたくさん!

カルシウムが牛乳の約12倍
食物繊維がごぼうの約7倍
そして低カロリー

ぜひ、毎日の食卓の常備菜として、用意しましょう!

ひじきの煮物の作り方

材料:ひじき、油揚げ、人参、大豆

1.ひじきを水でさっと洗う(汚れを落とすため)
2.油揚げをざるに入れ、お湯をざっとかける(油落とし)
3.油揚げを適当な大きさに切る。
4.人参を細切りにする。
5.大豆用意する。
6.なべに油をしき、ひじき、人参を炒める。
7.ひたひたより少なめのお湯・砂糖適宜・日本酒を適宜を入れ、煮る。
8.しょうゆを適宜入れる。
9.水分がある程度減るまでよく煮る

健康長寿の番組でも、長寿の秘訣として「わかめ」を
挙げているお年寄りがいました。

また長寿5人姉妹で有名になった方の朝ごはんも
ご飯にわかめの味噌汁は必須と言っていました。

寒天も海藻ですので、健康食材として
大きく合点がいきます。

わかめは好きでなくても、寒天のデザートは好き!
というような事もあると思うので、
食材にこだわらず海藻は摂りたいですね。







-健康メモ