失敗しない塾選び!受験うつからの脱出!ストレス克服・解消法

失敗しない塾選び!子供はパニック障害、受験うつ、自律神経失調症を発症の中、立教大学に合格。ストレス解消・克服法

奨学金

大学の奨学金返済を利子なしでする方法!少しでも安い額で返済! 

奨学金問題

世間を賑わす奨学金問題。
返済義務があるけれど、大学卒業後、お金に困り、
なかなか返済できない人が多いと社会問題になっています。

いざと言うときには奨学金を借りたい・・と思うけれど、
我が子が大学卒業後に払い続けれれなくなったら・・
そんな不安を誰もが持つ時代です。

奨学金に関して悪いイメージを持つ人もいるかもしれませんね。
その辺りについて考えてみましょう♪
お得に借りたり、返済する方法もありますよ♪

さて、大学の奨学金には色々な種類があります。

・全額返還しなくてよいタイプの奨学金
・利子が付かないタイプの奨学金
・利子が付くタイプの奨学金

それぞれ どの様に受給できるのか?の説明と
また、受給後、返還に苦しまない為に出来る事についてです。

全額返還しなくて良い(返済不要)大学の奨学金とは?

入学後、奨学金についての案内が学内に掲示される時期があり,

一般の企業や団体から出される奨学金など
様々なタイプの物があります

募集時期が限られていますので、見落とさないようにしましょう。
事務室など奨学金担当部署がありますので、ご確認ください。

受給に当たっては、面接や、論文や活躍など、
その奨学金により受給者を選ぶ方法が異なると思います。
そして合格した学生のみが受給できます。

返済不要の奨学金であることと、
その奨学金に寄り優先される状況のお子さんもいますので、たいへん狭き門です。

でも、合格すれば、学費節約の大きな味方になりますね。
受給期間は1年など、その奨学金に寄り異なります。

利子なしタイプの奨学金とは?

日本学生支援機構や、一般の企業や団体からの奨学金があります。

無利子なので、貸与された奨学金と同額を
卒業後に返済します。

親の所得も関係してきますので、申し込み時には収入証明書等も提出します。

就職後に、少しずつ返せますので、入学時に学費が足りない場合に
大変役に立ちますね。

ただ、成績優良者のみが貸与を受ける事が多く、とても狭き門です。
高校時代に申請するときには、高校時代の成績が評価されます。

また、大きな自然災害などが日本で起こった際には、
被災地の学生さんに優先して貸し出されることがあります。

また学力の高い高校では、利子なし奨学金貸与者が該当無しでも、
学力の低い高校で利子なし奨学金貸与者が出たりしますので、
学校の偏差値とは関係ない気がします。

利子ありタイプの奨学金とは?

日本学生支援機構の利子あり奨学金です。

高校在学中と大学入学後 いずれも申請できます。
親の所得も関係してきますので、申請時に収入証明書も提出します。
申し込めば、ほぼ受給できます。

世の中で一番貸与されている学生が多い奨学金タイプです。

奨学金、というと、まずこのタイプです。
社会に出てから返還出来ないという滞納問題が多いのは
このタイプの奨学金と思われます。

利子ありタイプの奨学金をお得に利用する方法

「利子ありタイプ」を「利子なし」にする方法があります。

その1 利子無しで奨学金一括返済(繰り上げ返済)する 

日本学生支援の奨学金は卒業前に返還すれば、
その分は利子がかかりません。

奨学金の繰り上げ返済には、そういうメリットがあるので、
これを利用しない手はありません。

なので、少しでも多くの額の奨学金を卒業前に返せるように
使わずに貯金しておきます。
卒業前までは、いくら溜まっていても、返還しないようにし、
いざと言うときの出費に備えて そのまま預金しておきます。

なにも4年間借り続けなくても大丈夫なので
途中で奨学金をストップすることも勿論可能です。

卒業が近づいた時に、返せる分の奨学金を返してしまいます。
そうすれば、返した額分に利子はかかりません。

もしも全額返してしまう事が出来れば、
全く利子なしで奨学金を借りたことになります。

その2 奨学金を運用してみる

また、これは可能性としてですが、

貰った奨学金を元手にして 毎月投資信託等を購入し、
資産運用しお金を増やせば、卒業までの4年間に
お金が増えている可能性もあります。

ただし、減っている可能性もあり、
確実な運用ではありませんので、各々のご責任で・・ですが(^^;

まとめ

ということで、実は結局、
親も子供も、何も大学入学前に学費を全額用意しなくても大丈夫です。

奨学金を借りながら、卒業迄の4年間に学費を用意しても大丈夫。
入学時に奨学金を借りても、利子なしで返すことが出来るという訳です。

4年間は大きいです。
親子一緒に、大学卒業まで引き続き 学費を貯めましょう。

利子なし奨学金にする為に!
奨学金という借金を背負って世に出ないで済むように!
大学4年間も学費を溜め続けましょう!

一度相談して今現在の保険を見直し、
補償そのまま保険料をお安くすると
お金が溜まる速度が速まりますよ。







-奨学金